スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
追加署名が始まったようですYO
2007-09-27 Thu 22:45
請願人の追加募集(自筆署名)を再開します。

前回は署名してないんですが、俺も今回は参加しようかと。

>一般市民への脅迫的・名誉毀損的発言ならびに誹謗中傷を繰り返し、市政に関する開かれた議論を妨げている。

請願への提訴(しかも、市議のくせに個人情報目的外利用の疑い濃厚)なんて暴挙に出るぐらいですからね。
「ネットやミニコミ誌のたわ言程度」で流すわけにはいかんでしょ。


やまだKINGさんちの記事も必読。
やまだKINGさんは文章うまいなと、いつも感心。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(1) | ↑top
温床
2007-09-27 Thu 20:14
何年か前の話だが、東村山市議会を傍聴したことがある。

議会が始まる前から傍聴席で様子を見ていたが、なんだかダラダラしてるなと印象を持った。席に踏ん反り返った人、遅れてくる人、談笑してる人…さながら授業前の教室のようだった。
そんな中で異色を放っていたのが、草の根の二人の議員だった。二人は終始厳しい顔付きで、身体からは「戦闘モード」のオーラが出ていた。

彼らがどんな質疑をしたか覚えていないが、周囲から野次が飛び、ニヤニヤと馬鹿にしたような口調で当時の市長のH氏が応えていた。

なんだ、この議会。
そう思った。

例え相手がトンチンカンなことを言っていたとしても、議員なら議論で闘え。
誰も彼に正面から向き合っていないじゃないか…そう思った。ただ「あぁ、また草の根が何か言ってるよ」と、その場を流そうとしているだけに感じられた。


トンデモ議員を培養してきたのは、そんな生温い温床だったのではないのだろうか。



今年の選挙で議員の顔ぶれも変わり、もしかするとあの頃とは状況は変わっているかもしれない、いや、変わっていって欲しいと思う。


一人一人が厳しい顔付きで自分の責務に向かう…そんな場に。
別窓 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
| 東村山、また~りヲチ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。