スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
メモ
2007-09-26 Wed 23:10
名誉毀損を巡る様々な考察

>名誉毀損には刑事訴訟と民事訴訟があります。刑事は、この掲示板でも良く話題になる刑法第230条でして、公共の利益を図る場合の特例として第230条の2というのが有ります。

>刑法第230条の2では、「公共の利益を図る目的」で「事実を摘示した」事を証明すると罰しない事に成っています。民事も基本的にはこれに準じます。

>でも相手が政治家だったりすると「有権者が政治家の品位を判断するための情報提供で公共の利益を図るためだ」
と言い張れますから、事実かどうかの検証に成るわけです。



なるほどなるほど。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑top
<<東村山市、市長へのEメール | ホーム | 市民が許しちゃならんこと>>
コメント
↑top
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

↑top
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| 東村山、また~りヲチ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。